沖縄でも人気急上昇中!VIOを脱毛しよう

サングラス女性のどアップ
20代中旬以降になってくると、ワキや足といった目に見えるムダ毛処理は

脱毛サロンで済ませている人も多いのではないでしょうか。

そこで最近、注目を集めているのがVIO脱毛です。

脱毛機器自体が進化して昔と違い、

痛みを感じることが少なくなったことも、注目を集めている要因のようです。

また時代とともに、美意識の変化から若い世代が積極的にVIOを処理する人が増えましたが、

意外にも「もしもの介護生活」に備えて、

沖縄県内の中高年世代も、VIO脱毛の施術は年々増えているそうです。

ではデリケートなVIO脱毛、具体的にどういったメリット・デメリットや

注意点が挙げられるのでしょうか。

VIO脱毛

メリット

ハートマークと夕日
デリケートゾーンを清潔に保てる

美肌ケアになる

思い通りのデザインに仕上げることができる

自己処理が楽になる

Vラインのムダ毛のストレスから解放される

介護生活に備えることができる

デメリット

脱毛前の自己処理に時間がかかる

デリケートゾーンは痛みを感じやすい

施術時に恥かしさを感じる人も多い

施術期間中は毛が生えてくると、かゆみを感じる場合がある

はじめにVIO脱毛と聞くと、すべての毛を脱毛するとイメージする人も多いですが、毛質の量を減らしたい、形を整える程度の脱毛をしたいなど、自由自在に自分で調整できます
最近では若い世代からオシャレ感覚でVIOの施術を行う人も多いですが、年月を重ねていくと、ホルモンバランスも崩れ、デリケートゾーンを清潔に保てなくなってしまう場合も多いです。
VIO脱毛の最大のメリットはデリケートゾーン清潔・衛生的に保ちやすいということは大きいようです。
メリット・デメリットを把握して、あなたもVIO脱毛を検討してみてはいかがでしょうか

VIO脱毛の価格(沖縄県内の平均)

光脱毛・・・約5万円~17万円(12回分)
医療脱毛・・・約17万円前後(12回分)

ただし、料金プランに関しては店舗によってさまざまです。

冬場のキャンペーンの利用や、夏場のかけこみキャンペーンなど、

他にも友人紹介で割引がつく店舗もあります。

また同じ光脱毛の種類でも、金額が10万円ほど違ってくる店舗もあります。

自分が通いやすい範囲で、よりお得なプランを見つけましょう

VIO正しい自己処理方法

ワンピース女性の後ろ姿
VIO脱毛を決めた後は、サロンに行く前に自己処理が必要です。

慣れてしまえば簡単ですが、VIOは一番はじめの自己処理にとまどう人が多いよう。

お肌自体もデリケートで、ワキや足と比べて見えづらく、

はじめは毛の長さもあるため自己処理しづらいです。

手順をまとめてみたので、参考にしてね。

 

用意するもの
電気シェーバー
ハサミ
手鏡
新聞紙
化粧水、乳液で保湿

手順

自己処理をするときは、脱毛サロンにいく1~2日前にしましょう。

また、Vラインをどう整えていくのかで、自己処理方法も違ってきます。

あらかじめ、デザインは決めておきましょう。

 

①新聞紙をひき、長いアンダーヘアをカットする

②自分の希望するデザインに合わせて、電気シェーバーで剃る

③剃った部分を保湿する

 

基本的にOラインはサロン側がやってくれるので、自己処理は不要です。

自分ではどうしても処理が難しいので、ムリにやろうとすると肌を傷つけてしまいます。
ここは迷わずプロにお任せしましょう!

最近増えてきたのが、形を残す人も一度はすべての毛を処理してもらい、毛質をやわらかくしてから、2回目以降から形を整えて脱毛する人も多いようです。
VIOは毛量が多いといっても、個人差はあります。1回の施術でなくなってしまってデザインが出来なかったなんて事がないように、担当スタッフの人と相談しながら方向性を決めてもいいかもしれません